真理には耳を傾ける人が少なく寂しい道!? 진리에 귀기울이는 사람이 적어 외로운 길!?

"なぜなら、人々が真理のことばを耳ざわりだと敬遠し、自分につごうの良い話をする教師を求めて歩き回る時代が来るからです。テモテへの手紙Ⅱ 4:3" 昔も今も人々は、真理に耳を傾けはしない。代わりに、自分が好きな話や快楽的な話には、お金を払ってでも群がる。そこに殆どの人が長蛇の列を作って集まる。決して寂しくなく、楽しい。その上、末梢神経を刺激してくれて中毒になってしまう。それに比べると、真理の話はかなり違う。末梢神経を大事にし、楽しい話になれている人には、最初はなかなか難しい。その面白さを知るには、少しの我慢が必要である。刺激よりは、内面からの大きな悟りと喜びの響きがくる。 聖書にも、マタイ7:13.14に、狭い問から入りなさいと話す。しかしその門に入る人は少ない。むしろ広い門に、夜も昼に人だかりで賑わう。 "狭い門を通らなければ、天の国に入ることはできません。人を滅びに導く道は広く、多くの人がその楽な道を進み、広い門から入って行きます。 しかし、いのちに至る門は小さく、その道は狭いので、ほんのわずかな人しか見つけることができません。マタイの福音書 7:13‭-‬14 " 広い門には真の命、永遠の命がなく、滅びの道であると話す。最後は、死への絶壁にぶつかり、避けることは不可能である。入るときは、道も広く皆で楽しく歩きやすかったのと対照的である。反対に、狭い、命の門の入口近くは、人が少なく魅力的な道ではなかったが、どんどん広くなり、最終的には永遠の命、天国が現われる。この広い道から狭い道への移動…

続きを読む