原始福音から見る神の愛と信仰(創世記3:14-16, 12:1-4)

3:14神である主は蛇に仰せられた。「おまえが、こんな事をしたので、おまえは、あらゆる家畜、あらゆる野の獣よりものろわれる。おまえは、一生、腹ばいで歩き、ちりを食べなければならない。 3:15わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく。」 3:16女にはこう仰せられた。「わたしは、あなたのみごもりの苦しみを大いに増す。あなたは、苦しんで子を産まなければならない。しかも、あなたは夫を恋い慕うが、彼は、あなたを支配することになる。」 17 土地は、あなたのために、いばらとあざみを生えさせ、あなたは、野の草を食べなければならない。 きょうからは、聖書の各巻の学びをしていきたい。 創世記は、すべての始まり(宇宙万物・人間・罪…)である。 創世記の最初の1-11章までは、主に罪と裁きというパターンが繰り返す。4つの大きな事件が記録されている。最初の大きな出来ことは、1-2章での宇宙万物の創造、3章で人間が罪を犯しそれに対する裁き、6章では人間の性的な罪とノアの洪水、11章では人間のバベル塔とそれに対する裁き。つまり、罪に対する厳しい刑罰と裁きが繰り返す。 3章のエバの不従順の罪、6章のノア時代の性的堕落、11章の高慢の罪。これが人間の大きな罪であり、罪の代表的なものである。 1-11章まで人間の罪とそれに対する裁きだが、同じパターンである。しかし、それでも人間の罪の問題は解決にならなか…

続きを読む