天国行きのチケットを持った旅人の心構え 천국행 비행기 티켓을 가진자의 삶의 태도

天国行きのチケットを持った旅人の生き方 Ⅰペテロ2:11 愛する者たちよ。あなたがたにお勧めします。旅人であり寄留者であるあなたがたは、たましいに戦いをいどむ肉の欲を遠ざけなさい。 人間はいつも自分の情欲と戦いをして生きていく。欲のままに生きていくように自分を自由にさせたい気持ちと、それを抑制しようとする心の二つがいつも戦っている。そこで、自分の今の状態や身分を忘れてしまうと、この戦いで失敗しがちである。聖書は、私たち人間は旅人であると、人間の身分を明確にしている。この世で生き続けることはできず、短い時間だけ旅が許されたのである。この身分を忘れると、身分に合わない生き方、つまり情欲に自分を任せて生きるようになり、それで本来すべきことが全然できなくなる。 旅人や飛行機の旅客がいつも気にすることは、荷物のことである。荷物が多くなると、荷物を捨てなければならないし、最悪は飛行機に乗れないこともあある。旅人は荷物が増えると、正常な旅ができなくなるので荷物を気にするしかない。私たちクリスチャンは天国行きのチケットをもって、いつ神様が来いと言われても、乗れる状態を保つ必要がある。この世の情欲に任せて買い物ばかりで、そのため正常な信仰者としてすべきことができないならば、それは悲しく恥ずかしい人生となるかもしれない。最悪は、その飛行機に乗れない事態である。いつも情欲による荷物を気にしながらきょうを生きる信仰者となることを、私から祈りたい。 천국행 비행기 티켓을 가진자의 삶의 태도 …

続きを読む