起きて祈っていなさい(ルカ22:39-46)

「聖句」
39それからイエスは出て行き、いつものようにオリーブ山に行かれた。弟子たちもイエスに従った。
40いつもの場所に来ると、イエスは彼らに、「誘惑に陥らないように祈っていなさい」と言われた。
41そして、ご自分は弟子たちから離れて、石を投げて届くほどのところに行き、ひざまずいて祈られた。
42「父よ、みこころなら、この杯をわたしから取り去ってください。しかし、わたしの願いではなく、みこころがなりますように。」
43〔すると、御使いが天から現れて、イエスを力づけた。
44イエスは苦しみもだえて、いよいよ切に祈られた。汗が血のしずくのように地に落ちた。〕
45イエスが祈り終わって立ち上がり、弟子たちのところに行ってご覧になると、彼らは悲しみの果てに眠り込んでいた。
46そこで、彼らに言われた。「どうして眠っているのか。誘惑に陥らないように、起きて祈っていなさい。」


●みことばと祈りの役割
・電車の走りを考えると、みことばはレールである。レールを外れて走ると、電車は大きな事故を起こす。祈りは、そのレール上の電車がうまく走れるようにするための動力、エンジンである。つまり、みことばは人生の方向や目的などを教えてくれるのである。走るべき道がないかを案内してくれる。もし、レールに乗っていないのに、エンジンだけ強ければ、先ほど話したように事故になる。反対にレールのみことばはあるが、祈りの推進力がないと、仕事や働きが進まない。電車はいつまでも動かない。仕事ができない。この二つはすごく大事である。
ある人は、祈りは人生のシャリンとも言う。もしくは翼とも言える。

・持続的な祈りのためには、御言葉から生命力をもらう。みことばは、祈りに動機を提供する。このように、みことばと祈りが互いがつながりあって向上するものである。

●初期教会の成長:使途行伝の1章からは聖霊による強い働きが現れる。それは祈祷によって可能となった。祈りある所に、変化と奇跡が起こる。個人や教会、どちらも祈りの革命によって変化するし、大きなリバイバルが起こる。

●信じる私たちには、肉体の健康だけではなく、霊的な健康も非常に大事である。
・祈りは霊の呼吸:祈らないのは呼吸をしない、霊的な死体の意味である。つまり、人工呼吸器をつけてギリギリ命を維持することである。

・みことばは、栄養だから、みことばを食べないというのは、死んではいないかもしれないが、がりがりの霊的な状態である。
信じる者や教会が死体やがりがりの状態で健康を保つはずがない。至急、この2つを通して霊的な健康を取り戻さなければならない。

「きょうのイエス様の祈りから学んでみましょう。その中でいくつかを考えてみたい。」

1.祈りの習慣(いつも、39-40節):この世で一番聖なる習慣である。イエス様は「いつも」のようにと、39,40節にて書かれている。そこは、オリーブ山のある特定の場所である。
・人間生活は大体習慣によって成り立つとも言える。皆さんのいつものことは何ですか。食べて、寝て、会社に行く。これだけでは、クリスチャンには満足できない。信仰も成り立たない。

・祈りの習慣や、聖書を読む習慣はどうですか。ご飯の前で祈るのは、習慣を意味する。これを見ると、十分ではないが、祈りの習慣はできたなとも思われる。

・この世でいちばん、聖なる習慣は、みことばを見る、祈りをする習慣である。あなたが、一生この二つだけでも習慣をもっているならば、成功した立派な人である。他はボーナスである。できればよいし、できなくても大丈夫かも。どんな状況でもみことばと祈りで道を開き、問題を解決していくようになるからである。

・祈りの習慣がない人は、いくら時間があっても祈らない。死にそうな経験がないと祈らない。でも死にそうになったら祈るでしょうか、それはわからないが祈るようになるでしょう。しかし、祈り自体を知らない人は、死にそうになっても祈らない。
とくに、小さい時の習慣や記憶が鮮明に残ります。私も小さい時、田舎でおばあちゃんと一緒に部屋を共有していた。その時のおばちゃんの姿は、いつも祈るという記憶が今も鮮明に残っている。起きても、寝る時もひざまずいて祈る姿であった。そのおかげで、私も救われたかなと思う。

・パウロ以来最高のキリスト者とも言われる、AD4世紀の聖アウグスティヌスという教父も、若い時には不良であった。邪教を信じたり、私生児を残したり、本当に放蕩な生活をしたが、お母さん、モニカの祈りによって彼は回心して新しくなった。
お母さんの祈り姿を子供に鮮明に刻印させることが、親には必要である。

●子供への習慣付けのために:祈りの時間後、美味しいお菓子も少し準備をしたり、または何かご褒美ができればよいかも。子供たちに祈りの時間の準備、たとえばテーブル、聖書などを用意してもらい、最後は美味しい物でもあればよいかも。

・家庭ではなかなかそれができないが、祈りの場所、祈りの時間を持つのもよい。毎日できなければ、土曜日とか休みの日にも祈りに行ける場所があればよい。

●私の場合、クリスチャンになったばかりの時には、大学の裏の森や岩場で仲間と一緒に祈っていた。卒業してからは、兄弟姉妹たちを連れて毎朝5時半に山に登って、祈っていた。それは、日本にきてからも同じである。最初、香椎駅に生活訓練館といって、そこに何人かの兄弟たちが一緒に生活しながらクリスチャンとしての基本を訓練していた。何年間、毎朝長谷ダムに行って祈っていた。その後は、私は一人で、この教会に移るまでに、朝は香椎浜の海岸沿いを歩きながら祈って帰ってくる。約1時間か1時間半くらにかかる。このような訓練というか、習慣を身に着けていたから、今少しはこういう働きに携わることができるかもしれない。決して今が十分とか、自慢ではない。

・つまり、祈りの習慣や訓練ができていない人は、いくら時間が余っても祈らない。今皆さんも少しは前より時間ができたかもしれないが、祈りにもっと励むようになったでしょうか。もちろん、そういう人もいるかもしれないが、やはりあまり変わらないかもしれない。習慣、訓練ができていないからである。

サムエルは祈らないのは、犯罪であると話す。(Ⅰサムエル12:23)
23私もまた、あなたがたのために祈るのをやめて主に罪を犯すことなど、とてもできない。私はあなたがたに、よい正しい道を教えよう。

2.それでは、なぜ祈らなければならないのか(40、42、46節)
・誘惑からの勝利のために祈るように2回も言われている(42,46)。また神の御心がかなえられるようにと祈る必要がある(42)。それ以外に、ここにはないが、私たちの日常の守りや行う仕事などのすべても祈るべきである。

・この時、弟子たちは全く祈りの気分ではななかった。これも最後の晩餐の後だからである。こんな気分のよい、晩餐後に祈りに出かけるなんてありえないと思ったかもしれない。でも、イエス様はすぐ祈りに出かけた。訓練された人は、気分によって祈るとか、祈らないとかではない。大事なことは、しっかり守ることである。

・祈らないと、誘惑に負ける、または誘惑ともわからないで誘惑にすんなり滑ってはいる。さらに、祈らないと、悪魔に一方的にやられる。

・今は、まさに誘惑に負けやすい時期である。状況が非常に厳しいので、悪魔が働きやすい時期である。悪魔は、人間関係、もめごとなおで、心が不安になり、よくない環境によって心や信仰を攻撃してくる。

・だからこそ、聖書と祈りに触れる習慣づけに大事である。

・このように祈れば、43節に天使が現れてイエス様に力づけたように、私たちにも同じことがある。聖霊が共にしてくださる、または天使が私たちに来て助けてくださる。

・去年後半部に、私がアフリカのある20代青年の話をしたことがある。この青年はサタン教のメンバーで、若いのにすごい力をもって人である。後になって劇的にクリスチャンになった彼は、その証の中でこう話す。彼は、たまに体から自分の霊だけが抜ける、幽(霊)体離脱をして、空中にあがって、教会やクリスチャンの人々を悪霊らとチームとなって攻撃したと話す。彼が空中から見ると、祈りをする人や教会の上には煙が昇っていくのが見えたという。そういうところを避けて、祈らない人や教会を攻撃して、潰してきたという話である。これは実話である。

3.プライバシーの祈り(41節):声を出して祈るのは、この前話した。本当に大事である。
つまり、発声祈りである。この祈りは、とても大事である。多分、この時のイエス様の祈りは、間違いなく大声で叫ぶ祈りだったと思われる。イエス様は、悪魔を追い払うときや病気を治すときも扇絵でしたはずである。大声で叫ぶ祈りは、とても力強い。集中力、感情の癒し、力ある祈りなどに有意義である。今は憂鬱な時間が多いので、こういう発声祈りはすごくよいと思われる。以下の3つの祈りは、発声祈りに適している。

•賛美祈り:賛美を歌うのも祈りである。一人にいる時でも、賛美をたくさん歌う。たくさん聞く。

•歎願祈り:ダビデの多くの祈りは歎願祈りである。自分の感情をありのまま注ぎだす。詩編の中には約38個くらいの歎願祈りがある。ハンナ、ダビデの祈り。

•敵対の祈り:悪魔に立ち向かう(サタンよ、引き下がれ)祈りである。悪魔を追い払うのに、「どうぞ、よかったら出て行ってもらえませんか?}の祈りで通じるか。できない。大声で、命令することである。悪魔は引き下がる。2年前の私が悪魔につかれた人を追い払う経験の話をしたことがある。パウロの神、私の神、あなたの神、同じである。あなたにもこういう奇跡は起こる可能性が十分ある。

<結び>
祈りの代わりになれるのはこの世にはない。どんなもの、金、力でも代わることができない。それほど、祈りの特権は大きい。神様が下さった最高の兵器である祈りを棚の上において、ほこりが付くようにしてはならない。それは罪である。あなたの人生は、ひざまずくことから軌道に乗るのである。あなたの祈る膝から、すべての問題、人生の道が開かれることを忘れてはならない。毎日、祈りという人生の発電所を通して力を得ること、またみことばという泉から聖なる水を飲んで、元気に生きるようにしようではないか。家族、自分だけではなく、こどもまでこういう聖なる祈りへの習慣付けに努力しよう。きよい手を挙げ、主に祈る聖なる姿にあこがれ、毎日祈りの力で天使や聖霊の力を得て生きられるようにしよう。

<結びの祈り>
天の父なる神様! きょうはイエス様の祈りを通していろんなことを学びました。この祈りを模範として、私の祈りの生活にも変化が起こりますように。きょう、イエス様は私たちにも同じく、「起きて祈っていなさい」と言われています。深い眠り、怠けの眠り、忙しさによる眠り、祈りへの気づきのない自分をお赦し下さい。そして、今こそ祈りへの第一歩を踏み出すことができますように。まずは、覚めて、起きて、祈る変化を起すことができますように。それによって天使や聖霊が共にする日々を送ることができますように。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント