パンだけのために生きようとする人々へのイエス様の忠告 빵만을 위해 살아가려는 사람들에 대한 예수님의 충고

QT
ルカ4:4 イエスは答えられた。「『人はパンだけで生きるのではない。』と書いてある。」

イエス様は公的な働きをする前に、悪魔から3つの誘惑へのテストを受けた。悪魔は40日間も食べていないイエス様に向かって、あなたが神の子であるならば、この石をパンに変えてみてはと、イエス様をあおった。イエス様を食欲をもってだめにしようと思った。もちろん。イエス様はそれに対し、上記の聖句を対応し、その提案に応じなかった。最初のテストである食欲は、人間の一番原始的な欲求のことである。これはいろんな欲求の中でも一番優先するだけではなく、一番強い欲求である。これが満足しないと、他の欲求が出てこない欲求である。今の私たちにとって、この話は食べることのために生きてはならないことを話している。この欲求は、すべての動物が持っている欲求であり、このために生きる人は、ある意味動物水準の生き方にとどまっているという意味でもある。パンは絶対必要なものであるが、だからといってそれがすべてになってはいけない。パン以外に、もっと人間としてすべきことがある。その一つが、神を知ることであると、イエス様は話す。神は人間が、パンだけでは、絶対に満足できない存在として造ったのに、それだけで生きようとするから、人間はむなしさを感じる。


빵만을 위해 살아가려는 사람들에 대한 예수님의 충고

누가4:4 예수께서 대답하시되 기록하기를 사람이 떡으로만 살 것이 아니라 하였느니라

예수님은 공적인 일을하기 전에 사탄에게서 3 가지 유혹의 테스트를 받았다. 사탄은 40 일나 먹지 않은 예수님을 향해 당신이 진짜 하나님의 아들이라면 이 돌을 빵으로 바꿔 보라며 예수님을 부추겼다. 예수님을 식욕을 가지고 쓸모없는 존재로 만들려고 생각했다. 물론. 예수님은 이에 대해 위의 성구로 반격하셨다. 이 첫 테스트인 식욕은 인간의 가장 원초적인 욕망이다. 이것은 여러가지 욕망 중에서도 가장 강한 욕망이다. 이것이 만족되지 않으면 다른 욕망이 나오지 않는다. 지금의 우리에게 있어 이것은 먹기 위해 인생을 살아서는 안된다는 의미이다. 이 욕망은 모든 동물이 가지고있는 욕망이며, 이를 위해서만 사는 사람은 어떤 의미에서는 동물 수준의 삶에 머무르고 있다는 이야기가 된다. 빵은 절대 필요한 것이지만, 그렇다고해서 그것이 전부가되어서는 안된다. 빵 이외에 인간으로서 해야 할 것이 있다. 그 중 하나가 하나님을 아는 것이다. 하나님은 인간이 빵만으로는 절대 만족할 수없는 존재로 만들었슴에도 불구하고 그것으로 만족하려고 살기때문에 인간은 공허함을 느낄 수 밖에 없다.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント