下見のできない地獄や天国 미리 가 볼 수 없는 천국과 지옥

QT
下見のできない地獄や天国 ルカ16:22 さて、この貧乏人は死んで、御使いたちによってアブラハムのふところに連れて行かれた。金持ちも死んで葬られた。23 その金持ちは、ハデスで苦しみながら目を上げると、アブラハムが、はるかかなたに見えた。しかも、そのふところにラザロが見えた。24 彼は叫んで言った。『父アブラハムさま。私をあわれんでください。ラザロが指先を水に浸して私の舌を冷やすように、ラ…

続きを読む

忠実な人の特徴4つ(ルカ16:10-18) 충성된 사람의 특징 4 가지 (눅 16 : 10-18)

忠実な人の特徴4つ(ルカ16:10-18) この社会でももちろろん、神が認める真の意味で忠実な人とは、どういう人なのか。この世でも神にも認められる、それでこの世でも神にも用いられる人はどういう人なのかを話している。つまり、こういう人に任せば大丈夫だと思えるような人に対する聖書の教えである。 ①小さいことにも心を配って最善を尽くす人なのかどうか。大きいことばかりではなく、小さなこともお…

続きを読む

家出の放蕩息子、家での放蕩息子(ルカ15:11-32)

「天国と救いのことについて詳細に教えている」(13章、14章、15章、16章) •13章(狭い門に入りなさい;救いに向かって歩む人生の大切さ) •14章(信仰への妨げ)宴会への招待と拒否;救いから遠ざかる理由) ・15-24:宴会(救い)への招待と拒否の理由 天国への宴会へ招きを通して、神は人々を天国に招いている。美味しい料理、祝福をいっぱい用意して待っている。何も持って行かなく…

続きを読む

幸せを求めていた放蕩息子の結局  행복을 찾아나선 탕자의 결국

QT
幸せを求めていた放蕩息子の結局 ルカ15:12 弟が父に、『おとうさん。私に財産の分け前を下さい。』と言った。それで父は、身代をふたりに分けてやった。13 それから、幾日もたたぬうちに、弟は、何もかもまとめて遠い国に旅立った。そして、そこで放蕩して湯水のように財産を使ってしまった。 聖書の中で放蕩息子として知られている若者が、この人である。聖書を読んだ人であるならば、その名を知らない…

続きを読む

神の宴会への招きを拒む理由もいろいろ 하늘 나라 연회를 거부하는 이유도 가지가지

QT
神の宴会への招きを拒む理由もいろいろ ルカ14:18 ところが、みな同じように断わり始めた。最初の人はこう言った。『畑を買ったので、どうしても見に出かけなければなりません。すみませんが、お断わりさせていただきます。』 19 もうひとりはこう言った。『五くびきの牛を買ったので、それをためしに行くところです。すみませんが、お断わりさせていただきます。』 20 また、別の人はこう言った。『結婚し…

続きを読む

広い門と広い道、狭い門と道(ルカ13:22-35)

1段落:救いへの確認 22 イエスは町や村を通りながら教え、エルサレムへの旅を続けておられた。 23すると、ある人が言った。「主よ、救われる人は少ないのですか。」イエスは人々に言われた。 24「狭い門から入るように努めなさい。あなたがたに言いますが、多くの人が、入ろうとしても入れなくなるからです。 ●今、イエス様は、エルサレムに行き、十字架で死ぬために、行く途中である。イエス様自分が…

続きを読む

どんどん小さくなる人、どんどん大きくなる人 점점 작아지는 사람, 점점 커지는 사람

QT
どんどん小さくなる人、どんどん大きくなる人 ルカ13:18 そこで、イエスはこう言われた。「神の国は、何に似ているでしょう。何に比べたらよいでしょう。19 それは、からし種のようなものです。それを取って庭に蒔いたところ、生長して木になり、空の鳥が枝に巣を作りました。」 きょう、イエス様は安息日に18年間も腰が伸ばせず悪霊につかれていた女をいやした(ルカ13:11)。それを見た会堂管理…

続きを読む

マラナタの信仰で今を生きる 마라나타의 신앙으로 오늘을 살다

QT
マラナタの信仰で今を生きる ルカ12:45 ところが、もし、そのしもべが、『主人の帰りはまだだ。』と心の中で思い、下男や下女を打ちたたき、食べたり飲んだり、酒に酔ったりし始めると、46 しもべの主人は、思いがけない日の思わぬ時間に帰って来ます。そして、彼をきびしく罰して、不忠実な者どもと同じめに合わせるに違いありません。 信仰者でありながらも、なかなか現実的に受け入れられないのが、いろいろあ…

続きを読む

祈りによって完成していく信仰者の人生(ルカ11:1-13)

<聖句> 1 さて、イエスはある所で祈っておられた。その祈りが終わると、弟子のひとりが、イエスに言った。「主よ。ヨハネが弟子たちに教えたように、私たちにも祈りを教えてください。」 2 そこでイエスは、彼らに言われた。「祈るときには、こう言いなさい。『父よ。御名があがめられますように。御国が来ますように。 3 私たちの日ごとの糧を毎日お与えください。 4 私たちの罪をお赦しください。私たち…

続きを読む

コロナの時代、手洗いで終わらず心洗いも忘れない。코로나의 시대, 손만 씻지 말고 마음까지 씻게 된다면 

QT
コロナの時代、手洗いで終わらず心洗いも忘れない。 ルカ11:38 そのパリサイ人は、イエスが食事の前に、まずきよめの洗いをなさらないのを見て、驚いた。39 すると、主は言われた。「なるほど、あなたがたパリサイ人は、杯や大皿の外側はきよめるが、その内側は、強奪と邪悪とでいっぱいです。 イエス様を食事に招いたバリサイ人は、イエス様が手を洗わないで食事に臨むのを見て驚くのを見て、イエス様…

続きを読む

人生の「ほしい」・「困った」・「迷い」への答え 인생의 "그게 필요해" · "어쩌면 좋아" · "알 수 가 없어" 에 대한 기도와 해결

QT
人生の「ほしい」・「困った」・「迷い」への答え ルカ11:9 わたしは、あなたがたに言います。求めなさい。そうすれば与えられます。ルカ11:9 捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。 イエス様は、私たちにきょう明確に話している。あなたの人生におけるすべての問題をもって、神のほうに出てきて祈るようにという招きである。 それは、3つのことである。「…

続きを読む

神の声に共鳴する人生(ルカ10:38-42)

ルカ10:38 さて、彼らが旅を続けているうち、イエスがある村にはいられると、マルタという女が喜んで家にお迎えした。 39 彼女にマリヤという妹がいたが、主の足もとにすわって、みことばに聞き入っていた。 40 ところが、マルタは、いろいろともてなしのために気が落ち着かず、みもとに来て言った。「主よ。妹が私だけにおもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのでしょうか。私の手伝いをするよ…

続きを読む

弟子に相応しくない弟子たちと福音の妨害 제자답지 않은 제자들과 복음의 방해

QT
ルカ9:53 しかし、イエスは御顔をエルサレムに向けて進んでおられたので、サマリヤ人はイエスを受け入れなかった。54 弟子のヤコブとヨハネが、これを見て言った。「主よ。私たちが天から火を呼び下して、彼らを焼き滅ぼしましょうか。」 イエス様と弟子たちがいろんなところで天の国の話をし、エルサレムに向かう中、一番近道であるサマリヤを通っていくことにした。しかし、昔からサマリヤはイスラエルの人たち…

続きを読む