計り知れる愛、計り知れない愛(ヨナ4:1-11)

(ヨナ4:1-11)
1 ところが、このことはヨナを非常に不愉快にさせた。ヨナは怒って、
2 主に祈って言った。「ああ、主よ。私がまだ国にいたときに、このことを申し上げたではありませんか。それで、私は初めタルシシュへのがれようとしたのです。私は、あなたが情け深くあわれみ深い神であり、怒るのにおそく、恵み豊かであり、わざわいを思い直されることを知っていたからです。
3 主よ。今、どうぞ、私のいのちを取ってください。私は生きているより死んだほうがましですから。」
4 主は仰せられた。「あなたは当然のことのように怒るのか。」
5 ヨナは町から出て、町の東の方にすわり、そこに自分で仮小屋を作り、町の中で何が起こるかを見きわめようと、その陰の下にすわっていた。

6 神である主は一本のとうごまを備え、それをヨナの上をおおうように生えさせ、彼の頭の上の陰として、ヨナの不きげんを直そうとされた。ヨナはこのとうごまを非常に喜んだ。
7 しかし、神は、翌日の夜明けに、一匹の虫を備えられた。虫がそのとうごまをかんだので、とうごまは枯れた。
8 太陽が上ったとき、神は焼けつくような東風を備えられた。太陽がヨナの頭に照りつけたので、彼は衰え果て、自分の死を願って言った。「私は生きているより死んだほうがましだ。」

9 すると、神はヨナに仰せられた。「このとうごまのために、あなたは当然のことのように怒るのか。」ヨナは言った。「私が死ぬほど怒るのは当然のことです。」
10 主は仰せられた。「あなたは、自分で骨折らず、育てもせず、一夜で生え、一夜で滅びたこのとうごまを惜しんでいる。
11 まして、わたしは、この大きな町ニネベを惜しまないでいられようか。そこには、右も左もわきまえない十二万以上の人間と、数多くの家畜とがいるではないか。」



1.ヨナに現れる神様の愛
※預言者の苦しみ
当時預言者となるのは大変なことである。災いを伝えるのは、簡単ではなく、人から嫌われる。関係が切れる、自分の安全を担保できなくなる。厳しいことである。まして、イスラエルを残客な方法で苦しめたアッシリアのニネベに対して、予言を行ない、それで彼らが悔い改め、赦されるようになると、彼はイスラエル民族から反逆者として見られ、大変なことになる。今は、救いの福音だけど、当時は滅びの災いを伝える仕事である。だから、彼は断固とニネベに行くのを拒んだ。抵抗し、海に投げ込まれるまで反抗した。また、ニネベに行っても町から出てしまった。

●ヨナ書を読みながら、私はずっと笑ってしまった。神が怒るべきなのに、ヨナが逆切れしている。そして、神はずっと彼の機嫌取りをしながら(6節)、彼を諭し説得する場面。
これを通して、ある意味ほっとした。神の愛について、旧約のイメージは怖いことだけど、それとは違う。

子どものようなヨナ、その二人の間に、恐れや距離はあまり感じない。
誰が神なのかがわからない。子供っぽく笑うしかない。思春期の反抗のようである。怒って(1節)、喜んで(6節)、すぐ死にたいという、激しいヨナである。また5節には、急にニネベの町から逃げてしまう。彼は3回(3,8,9節)も死にたいと怒る。神を脅迫するような、すごい嫌な感じだった。罰を与える神ではなく、最後まで忍耐深い神の愛を見ることができる。反抗期の親子のようなやり取り。

このヨナは、神の命令に不従順し、海に投げ込まれる。その時も、ためらわないで、さっぱり自分を海に投げ込んでという。それほど、ニネベに行くことは大変だったかも。預言者の仕事がきつかったかも。ただの不従順以上のことがあっただろう。

●2節で、彼は神がどういう方なのか、しっかりわかっていた。神の特徴が書かれている。

情け深くあわれみ深い神であり、怒るのにおそく、恵み豊かであり、わざわいを思い直される

詩編103:8 主は、あわれみ深く、情け深い。怒るのにおそく、恵み豊かである。


ニネベに行きたくなかった。いやな人が、神に愛され、赦され、救われるのを見たくなかった。
私たちも、なぜ神は人の悪をそのまま見ぬふりをするのか、という質問をするが、それに似ている。ヨナは、神に言い放題話し、本来ならば自分が先に滅びても仕方がないのに、人のことばかり考える。

※愛の神
エゼキエル18:21 しかし、悪者でも、自分の犯したすべての罪から立ち返り、わたしのすべてのおきてを守り、公義と正義を行なうなら、彼は必ず生きて、死ぬことはない。22 彼が犯したすべてのそむきの罪は覚えられることはなく、彼が行なった正しいことのために、彼は生きる。

エレミヤ18:7 わたしが、一つの国、一つの王国について、引き抜き、引き倒し、滅ぼすと語ったその時、8 もし、わたしがわざわいを予告したその民が、悔い改めるなら、わたしは、下そうと思っていたわざわいを思い直す。


※私だけ愛してほしい。偏狭な愛に対し、開かれた神の愛がぶつかる。

※イエス様の十字架での愛、「彼らを赦してください」も同じである。

2.日常に現れる神様の愛(6-8節)
とうごまを出し、一匹の虫、東風を用意する神様。
人間の生き方、あなたの日常生活のすべては決して自然で起こるわけではない。神が完全に関与している。私への絶対的な愛をもってである。私の周りで起こる全ては、神様がわかって、動かす。だからすべては、意味があり、価値ある。感謝である。

マタイ10:29 二羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。30 また、あなたがたの頭の毛さえも、みな数えられています。


3.異邦人へ現れる神の愛
救いの福音は流れていくもの。しかし、この福音の流れがどこかで、何かに塞がれて、止まってしまうのは残念である。以下のようなことによる。ヨナのような心からである。

・自分の感情 ・自分の好き嫌い ・自分の事情  ・関心ない ・面倒くさい

神様は、ニネベの人々、12万(子ども)、家畜まで(家畜断食に参加した)も愛する。というのは、直前ニネベの人たちは、人間と家畜までが断食をしていたからではないか。その都市には多分60万人が生きていた。愛さないはずがない。

神は人を愛し、彼らがそのまま死んでいくことを喜ばない。
とうゴマを愛するヨナに対し、神はニネベを愛すると対照的に教える。
自分の民族や自分だけではなく、他人、異邦人、それも一番嫌いな人や民族にも愛を施す。

この世で一番、悲しいのは、自分の罪を解決しないで、そのまま罪を抱え込んだまま、世を離れるようになることである。だから、私たちは福音を伝えなければならない。

皆さんのニネベは、どこで誰ですか。あなたが伝道をしない理由は何ですか。忙しいくてですか。
関心がないからですか。または自分の私的な感情や理由のためですか。あなたが許せない人はいますか。

神は愛で慈悲深い方で、どんな人をも惜しむ方である。
惜しまないでいられようか(11節):惜しむー神の愛


結びの祈り
天の父なる神様! ヨナを通して神様の愛、私たちの自己中心的な愛の姿を見ることができました。自分の中の、利己的で偏狭な愛に対する反省と、完全なる神の愛に対する感謝を覚えます。どうか、神様の愛に対する理解を通して、自分と人を見る正しい愛の目を持つようにしてください。こういう完全なる神の愛を通して、安定した信仰と、喜びの人生の土台を確立することができますように。また、自分自身がこういう神様の愛に素直になれますように。最後に、他人に

"計り知れる愛、計り知れない愛(ヨナ4:1-11)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: